• 高松開催
  • 高知開催
  • 松山開催

人材育成プロジェクトとは?

人材育成プロジェクトの3つの特長

  • 年間100回以上の講座を開催
    年間100回以上の講座を開催
    新入社員から管理職まで"約50テーマ"の研修が受講可能です。様々なテーマの研修を"毎月実施"しており、気軽に研修を受けることができます。
  • 短時間で効果的な研修
    短時間で効果的な研修
    研修は2時間で、仕事への負荷は最小限です。また、経営者から新入社員まで講演やセミナー実績を誇る「プロ中のプロ」が講師を務めます。
  • 圧倒的なコストパフォーマンス
    圧倒的なコストパフォーマンス
    月額定額制なので、何度受講しても、何人受講しても、費用は同じ。月額費用も破格の金額となっており、企業の教育意欲を後押しいたします。

研修テーマ

研修テーマ

価格体系

価格体系

料金表

料金表
  • 高松開催
  • 高知開催
  • 松山開催

企業インタビュー

中堅・若手社員の教育機会として待ち望んでいたサービスです。

澁谷食品株式会社

昭和34年設立
さつまいもの菓子製造・販売
社員数:142名

さつま芋を原料にした芋菓子を全国にお届けしている澁谷食品株式会社。芋けんぴ生産量は全国シェア50%を占めている。郷土伝統の味を守り続けるとともに、新たな芋菓子の美味しさを広くお客様にとの想いから、平成17年楽天市場をオープン。現在自社ブランドだけでなく、大手コンビニエンスストア各社、大手量販店などのプライベートブランド商品も手がけている。また、現在は店舗展開を強化されており、「芋屋金次郎」というブランドで高知県以外にも店舗を出店しており、コレド日本橋、道後温泉など5店舗を展開中。

総務部 次長 福田 賢 様

『継続的に社員全体の教育研修ができないか・・』それが解決できました。

Q:導入のきっかけはなんですか?
もともと、当社では社員教育は単発で外部研修に何名かは行かせていました。費用と開催場所・頻度の条件から、限られた社員にしか研修を受けさせることができてない状況でした。特に、今後会社の『核』となる中堅・若手社員向けに自身のスキルアップに適した研修を受けさせることができていないことは、大きなジレンマでした。『継続的に社員全体の教育研修ができないか・・』そんなことを漠然と思っていた時に『高知人材育成プロジェクト』をご紹介いただきました。今まで一人数万円費用が掛かっていた外部研修とは異なり、月額数万円で全社員が何回でも何名でも受講可能なスタイルは、当社にとっては非常に有り難いサービス内容でした。加えて、中堅・若手社員向けのプログラムが充実していて、高知市内という近場で研修機会が多くあることに魅力を感じ、今回導入を決めました。

だんだん社員から自発的に受講したいと声があがってきました。

Q:どのように活用していますか?
各上長にセミナー開催情報を私から伝え、上長判断で社員に受講させるテーマを決める方法を取っています。ただ、だんだんと社員から自発的に受講したいという声が上がってきましたので、今後は手上げ方式で参加者を募る方法も考えていますね。セミナー受講後は、 『何を学んだか』『職場で何を実践するのか』を簡単にA4一枚にまとめてもらい、上長に報告する流れを徹底しています。やはり”受けっぱなしで終わらない”ことが一番大切なことですので・・ここは今後もフォローアップ研修などで突き詰めて行きたいと考えています。

『他社との意見交換』で良い刺激をうける社員が増えました。

Q:社員の反応はいかがでしたか?
photo02反応は上々だと感じてます。今までどうしても限られた社員しか外部研修を受けていなかったので、初めて研修を受講する社員にとっては、研修そのものがとても新鮮に映るそうです。その社員が帰社後、他の社員に研修で学んだことを共有する文化が生まれたことは、経営者側にとっては嬉しい誤算でしたね(笑) また、これは研修スタイルの特徴だと思いますが、『他社との意見交換』がセミナー中に多く設けられていることは、当社の社員にとってはとても良い刺激になっています。他業種の方と意見交換する機会が少ない社員にとっては、他業種の方の物事の考え方や見方を知ることは、自身の考え方を見直す良いきっかけとなっているのではと感じています。今後も会員企業が増え、研修ごと色々な業種の方と交流ができる『人材育成プロジェクト』。これからも活用させていただきます。

”学ぶ楽しさ”が社員に芽生えてきたことは非常に良い収穫でした。

株式会社ゴーフィールド

平成12年設立
ネットコンサルティング、ホームページ制作
社員数:30名

県内の中堅・中小企業のwebページ制作・保守運用を行うゴーフィールド。非常に洗練されたデザインとホスピタリティー溢れる応対が特徴である、年齢構成も非常に若く、これから益々の発展が見込める県内では稀有な存在の企業である。

取締役社長 皆見 省史様
Q:人材教育プロジェクトを選んでいただいた理由は?
もともと社員のスキルアップを図り、お客様の提案などに還元していきたいと思っていました。そのような時セミナーをきっかけに「人材育成プロジェクト」を知り、社員に相談した所、研修を受講したいと声があり、導入にいたりました。
Q:どのような社員に研修を受講させていますか?
社員全員を受講させています。
Q:半年ほど経ちますが、効果や変化はありますか?
学ぶことに対しての楽しさが全体に芽生えてきましたね。具体的には、研修を積極的に受講したいという人が増えたり、その他にも資格取得や専門的な研修に参加する人が増えてきました。
Q:研修の受講後はどのような取り組みを行っていますか?
振り返りはすごく重要だし、良い取り組みと思っていまして、受講した者、そのものの上長と学んだ内容を共有したり、具体的に何を行動に移すのかを話し合ったりすることを推奨しています。受講した者の捉え方と組織して還元して欲しいことが若干違うこともございますので、その修正を上長や私との面談で行うようにしています。
Q:この人材育成プロジェクト、どのような企業に適していると思いますか?
そうですね。人が増えてきて、業績も安定してきたという会社は、その次に着手すべきなのは「人材育成」ではないかなと思っています。そのような企業で、組織としてどのような対象に育成を行うのか、またどのようなテーマが社員に必要なのかを検討される所には非常にマッチしていると思います。研修のプログラムが充実していることも魅力ですが、様々な企業の導入事例などをストロングポイントさんが持たれていることも、我々にとっては助かっている部分であります。

社員教育が必要なときに気軽にできる。これが魅力だと思います。

株式会社日進堂

昭和43年設立
注文住宅 分譲住宅
増改築リフォーム工事
その他不動産総合業務
建設業 設計事務所
社員数:84名

高松市内でよく目にする「住まいの図書館」。独特なネーミング、気軽に入店できる雰囲気を出しているこのショールームを手掛けているのがこの日進堂である。地元の住民に愛される事業展開を行えている背景には、徹底したお客様思考と従業員に対する満足追求を行なっている。

代表取締役社長 喜久山 知哉様

費用の安さは、研修導入のハードルを下げてくれます。

Q:導入のきっかけはなんですか?
いろんな教育システムを一つ一つ導入はしていたんですけどね、一番はやはりいろんなカリキュラムがあって。それを気軽に受けれて、特にまあ安いというのが、一番のいいきっかけだったと思いますね。
Q:どのような社員に研修を受講させていますか?
今一番メインでしてるのが、うちの管理職、それと次期の管理職。その社員の方達に今受けてもらってますね。
Q:半年ほど経ちますが、効果や変化はありますか?
そうですね、でもやっぱり管理職会議とか、そういったところでの発言は、そこはちょっと変わってきたかなという風に思いますね。
Q:この人材育成プロジェクトの魅力はどのようなところですか?
本当に、社員教育って大事なことでありますし、まあその社員教育を気軽に受けに行けるということが、一番いいことかなと思います。
  • 高松開催
  • 高知開催
  • 松山開催

参加者インタビュー

他業種の同じ階層の方と意見交換することがスゴく新鮮でした。

今回は先日開催された管理職向けの研修に潜入し、参加者の声を聴いてみました。
研修に初めて参加する山本さんと研修慣れしている三浦さんに感想をいただきました。

photo05
  • くろしお通信サービス株式会社 統括補佐

    三浦 光世

    [ ドコモショップの運営 ]

  • 株式会社マルミ歯科商店 経理部長

    山本 斎

    [ 歯科医療機材の販売 ]

— 研修に参加してみてどうでしたか?

user
山本様
個人的にワークショップやロールプレイングには抵抗があったんですけど、実際やってみると思ったより取り組みやすく、今日の研修でも正直もっと自分から積極的に取り組んでみたら良かったなと後悔しています.

— 研修に参加前の心境とは大きく違いますね

user
山本様
そうですね(笑)自分でも心境が変わったと思います。何が一番違ったかと言うと、異業種の同じ立場の方と意見交換することがスゴく新鮮で、思ったより楽しんです。社内だとなかなか話しづらいテーマについても、社外の方だと純粋に意見交換が出来る。これは大きいと思います。

— なるほど

user
三浦様
今回の研修を通じて得たことは、今まで狭い視野でコーチングを理解していたんだという気付きでした。職種柄、社内でコーチングのロールプレイングを行う機会はたびたびありますが、何と言うか...いつも同じ結論に辿り着くようなコーチングになっちゃうんです。誘導尋問のような...(笑)それが、今回のように全く異なる業種の方とロールプレイングをすると、質問に対し、想定外な答えが返ってくることが多いんです。すると次の質問を用意していたのに、それが使えない。さあ、困った。...もう頭フル回転で次の質問を考えますよね(笑)それを続けていくうちに、次第に柔軟なコーチングが出来るようになり、同時に今まで狭い視野のコーチングしかやってこなかったなと実感しますね。

— まずはお疲れ様でした。

user
山本様
いやあ〜、疲れました(笑)けど、楽しかったです!やはり異業種の方との意見交換は新鮮ですし、毎回新しい気付きを得ることが出来るのは自分にとって大きいですね。あとは、講師の方のファシリテートが上手なので、受講に集中出来ています。講師からの一方的な説明だと、どうしても途中で眠くなってしまうんですけど、この研修はそれが一切無い。まずは、自分で考え、その後グループで意見交換する。その後に講師からの解説が入る。この進め方は非常に気に入っています。
user
三浦様
お疲れ様でした。私も疲れました(笑)異業種の方との意見交換は、相手の会社も知れて、その方の考えも知れる良い機会だと思います。これは研修中だからこそ、気付ける部分だと思います。あとワークショップやロールプレイングで自分の力量を計れるのも、実力試しのような感じで、毎回楽しみにしています。
  • 高松開催
  • 高知開催
  • 松山開催