2020年3月6日(金)岡山にてトップダウン脱却プロジェクト体験会を行います。

【トップダウン脱却プロジェクトとは】
トップダウン=悪ではない。

事業環境と会社の状況によって必要な場合がある。一方でやり続けるスタイルでもない。

しかし、どのようにスタイルを変えるのか?わからないという
経営者が多い。何十年とトップダウンの恩恵を受けてきた幹部はなかなか変わらない。
トップダウンに浸かってない“次世代幹部”を対象に1年間を通して講師が伴走する。

トップダウン脱却プロジェクトの目的は2つ。
①経営方針・戦略の達成を目指す。②自走社員(自ら考え動く社員)を創り出す。
そのために必要な場・知識・スキルを磨く機会を提供している。
複数企業の次世代幹部(約50名)を集めてプロジェクト型で進めていく。

もしご興味がございましたら下記用紙を記入の上、
FAXにてお申込みくださいませ。

岡山開催20200306トップダウン脱却プロジェクト体験会

《セミナープログラム》
1.ストロングポイントの紹介
2.トップダウン脱却すべき理由とは
3.なぜ、自走社員は生まれにくいか
4.経営方針が現場に落ちない・ 実施されない理由とその解決策
5.次世代幹部社員の育成方法
6.トップダウン脱却プロジェクト紹介

《開催日・時間》2020年3月6日(火)13:30~15:30(開場 13:10~)

《開催場所》CENTRAL FOREST(セントラルフォレスト
〒700―0901  岡山県岡山市北区本町6番30号 第一セントラルビル2号館8階(JR岡山駅より徒歩3分)

《参加対象者》経営者・役員

《参加費》無料

《講師紹介》
ストロングポイント株式会社
代表取締役社長 加賀 隼人

前職はデロイト・トーマツグループでコンサルタントとして活躍。
コンサルタントとして10年間活動し、名古屋支社長、大阪支社長 を歴任後、
2014年にストロングポイント㈱を創業。 出身地である高知県から事業をスタートして、
5年間で高松・松山 岡山・福岡と拠点を展開している。
四国での取引企業は100社を超え、人材育成・自動化コンサル ティング・新規事業開発コンサルティングなど
次々とサービスを展開している。

講演実績 : 日本能率協会・大阪、神戸商工会議所・愛知県経 営者協会・児島商工会議所、南国商工会、
第四銀行、中国銀行、 百十四銀行、香川銀行など外部講演実績多数あり(講演実績300回以上)